過去は売れていたが売れなくなった人が読む記事


コンサルタントさんからのご質問

「メールマガジンから過去は売れていたのに、今は売り上げが上がらなくなってしまいました。
キャンペーンを打ち出しても以前より反応は取れませんし、大切なチームメンバーに委託フィーを支払うにも、商品サービスが売れなければキャッシュが尽きてしまいます。
どうすれば良いでしょうか。」

メールマガジンを毎日発行できるようになり、お客様との関係構築ができ商品サービスが売れるようになる。

とても良いことです。

しかし、ずっと同じお客様に売っていたのでは、お客様も飽きてきてしまいます。

だから、一定の時期までは良いですが、
なかなか売れなくなってしまうのは当然のことです。

なぜ売れないのかの要因を考えてみましょう。

ずっと売っている

「締め切りのないセールスはセールスではない」
とは、ダンケネディ氏の言葉ですが、
ずっと置いてある商品は購入されることはありません。

メールマガジンで直接コンテンツを紹介するメールを
ハードセル

追伸でライトに商品をご紹介するのは
ソフトセル

関連記事

メールマガジンでの販売の考え方


と言いますが、いずれにせよ
いつも売っている状態ですと、購入されることはありません。

限定性のトリガーという
心理効果を使いますが、〇〇日まで
とか、〇〇時までとか
期限があるから人は背中を押されますよね。

新規リストへのアプローチ

既存のお客様でも、ずっと同じ商品サービスを販売していたのでは、期間が過ぎれば購入されなくなってしまいます。
ですから、新規リストを取り続けることが必要です。
新しいお客様との出会いが大切だということです。

新しいお客様とお会いするために、お客様がいるところへ足を運ぶこともマーケティング。

インターネットを駆使すれば、興味のある人へ情報を提供し、メールマガジンにご登録いただいたり、LINE@やメッセンジャーに登録いただいたり。

あなたの専門知識を詰め込んだレポートや電子書籍をプレゼントをして価値提供をしたり。

広告を打つことだって可能です。

お客様が興味があり、商品サービスを購入する1番の理由はタイミングであり、そして人は知っていて、好きでいて、信頼している人から商品サービスを購入しますから、
もしあなたが社会的に崇高なミッションを持つ人であれば、あなたの大切なお客様のために、テクニックの本質を知り、使いこなしてくださいね!

あなたに出会えて良かったと心から仰っていただける生き方をする

石塚洋輔 YOSUKE ISHIZUKA

コンサルティング・講演依頼など 

各種お問い合わせは

info&withyou-group.co.jp

&を@に変えてご連絡ください。


石塚洋輔とLINEでつながってワールドクラスのビジネス情報を受け取る↓

石塚洋輔 公式ブログ

経営コンサルタント・実業家 石塚洋輔の公式ブログ 世界トップメンターから学んだ ・マーケティング ・セールス ・マインドセット ・経営 お問い合わせはこちらから http://withyou-group.co.jp/corporate.website/contact/ 30分でわかる起業の教科書無料ダウンロード ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000