ビジネスオーナーという選択肢

マーケティングコンサルタントの石塚洋輔です。


ロバート・キヨサキ氏の

『金持ち父さん貧乏父さん』を読んで

起業の道を選ばれた方も多いと思います。


起業家であれば一度は読んだことがある本ですね。


その中でESBIクワドラントという言葉が出てきます。


左側 労働収入

E=employee(従業員)

S=self employee(自営業者)

右側 不労所得

B=business owner(ビジネスオーナー)

I=investor(投資家)


まず自分が職人タイプなのかオーナータイプなのかを知る必要があります。


職人タイプ

職人タイプの方は、とにかく自分で現場に立つのが好き。

料理人であるとか、美容師、治療家、手に職のある方。

現場でプレーヤーとしてやるのが好きな方。


オーナータイプ

ビジネスオーナーとして事業を構築するタイプ。

いくつもいくつもビジネスを立ち上げることができる。

仕組みづくりに熱意を持つ。


オーナータイプであればビジネスオーナーという選択肢があります。

仕組みは作れば作るほど収入は青天井。

一人でいくつもいくつもビジネスを”所有”することができます。


そう、

ビジネスをする、のではなく

ビジネスを所有する、ということです。


例えばレストランに行くと
ホールスタッフ、キッチンスタッフ
店長、様々な役職のスタッフがいますね!

レストランの中で、自分が働かなくても
収入がある役職が有ります。

それが、オーナーです。


店長も、ホールスタッフもキッチンスタッフも
自分が労働しないと収入になりません。

オーナーは、ビジョンの構築
店舗の準備、採用、
スキルは必要なものの、
自分の脳を働かせてお金でお金を生み出す仕事になります。

ステージが上がれば
それさえも任せることができたりするのです。

私的には、崇高なビジョンと
人間力が必要な職種と考えます。

職人タイプの人間で現場向きの起業家もいます。

ビジネスオーナーになることで
生み出せるビジネスの数は青天井。

いくつもいくつもビジネスを生み出すことができ
レバレッジがかかります。

実際に世界のトップメンターたちは

複数のビジネスを経営していたりします。


自分が職人タイプなのか、オーナータイプなのか

思考に合わせて
ビジネスを構築してみてはいかがでしょう。


私はこのことを意識してビジネスを構築し

自分がいなくても毎月右肩上がりで売上を伸ばす店舗づくりに成功。

毎年日本一の実績を出し続けています。


参考になったと思ったら
この投稿をシェアしてくださいね!


石塚洋輔とLINE@でつながりワールドクラスのビジネス情報を受け取る↓

あなたに出会えて良かったと心から仰っていただける生き方をする

石塚洋輔 YOSUKE ISHIZUKA

コンサルティング・講演依頼など 

各種お問い合わせは

info&withyou-group.co.jp

&を@に変えてご連絡ください。


石塚洋輔とLINEでつながってワールドクラスのビジネス情報を受け取る↓

石塚洋輔 公式ブログ

経営コンサルタント・実業家 石塚洋輔の公式ブログ 世界トップメンターから学んだ ・マーケティング ・セールス ・マインドセット ・経営 お問い合わせはこちらから http://withyou-group.co.jp/corporate.website/contact/ 30分でわかる起業の教科書無料ダウンロード ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

0コメント

  • 1000 / 1000